FC2ブログ

さゆりのフォト日記

スイスに住み始めて、もう43年。仕事の合間に、カメラを持って走り回ります。我が家の猫や自然の美しさが主なテーマですが、スイスの日常生活に関しても時々お話したいと思います。

ヨークの旅 1 (一日目)

 娘夫婦が参加しているルッツェルンのコーラス、マテウス・カントライがイギリス・ヨークの大聖堂ミンスターで、一週間に渡り御ミサを唄うことになり、連れ合いと共にその旅に付いていきました。8月5日に義理の息子が50歳の誕生日を祝うので、その御祝いを兼ねて短いバカンス。自分達は演奏する必要が無いので、全くの観光。嬉しいな。今までの旅行はほとんど仕事を兼ねていたので、のんびり観光する余裕がありませんでした。
 いろいろ迷った結果、なるべく手軽な荷物で、ということで、今回はGRIIIが主役のカメラ。万が一を考えてX-Pro2も持っていきました。

 自宅を朝の5時30分に出て、まだ暗い我が村の駅へ。


 ウィンタートゥアとチューリッヒで乗り換えバーゼルへ。ここからはコーラスのメンバーと一緒の旅。バーセルを8時35分に出発して、パリ・リオン駅に着いたのが11時37分。超久し振りに来たパリ。駅がとてもモダンになっていて吃驚。
19080301ii.jpg

 メトロを使ってパリ・北駅へむかいます。今回の旅は、コーラスの人が全て計画を立ててくれたので、本当に楽です。メトロの切符もまとめて買ってくれました。
19080303.jpg

19080303i.jpg

 メトロの中は超混雑。
19080305.jpg

 パリ・北駅もとてもモダン。これから英仏海峡トンネルを使ってイギリスへ渡ります。せっかく海の下を走るわけですが、トンネルだから何も見えない。残念。w
19080307i.jpg

19080307ii.jpg

 英仏海峡トンネル鉄道のホームに入る前には、空港並みのコントロールがありました。そりゃそうだ、国境を越えるんだから。でも、イギリスもまだEUにいるわけだからEU連盟国やスイスのパスポートを持っている人は、少々簡単なコントロールだったようです。
19080307iii.jpg

 いよいよトンネル電車に乗ります。ここも人でいっぱい。
19080308.jpg

 パリ・北駅を13時13分に出て、ロンドン・セント・パンクラス駅に着いたのが14時39分。イギリスはヨーロッパ大陸より一時間遅いので、電車は二時間半走ったことになります。海峡?何も見えませんでした。w
19080311.jpg

 徒歩で向い側にあるロンドン・キングス・クロス駅へ移動。
19080312.jpg

 美味しそうね。と、いっても、正直イギリスの食生活にはあまり期待していません。ヨーロッパの中では評判悪いんですよ、これが。w
19080312i.jpg

 ハリー・ポッターで有名なキングス・クロス駅、ホーム9四分の三。映画と全然違うじゃん。w
19080313i.jpg

 時刻表の前で我慢強く待つ旅行者達。出発ホームが分かるまで、だいぶ待たされます。
19080312ii.jpg

 キングス・クロス駅を15時30分に出発。
19080314.jpg

 麦畑が延々と続きます。雲の形が大陸と違います。
19080315.jpg

 17時37分にやっとヨーク駅に到着。スイス時間とすると18時37分ですから、約13時間の旅でした。お疲れ様です。チューリッヒから東京への飛行時間12時間。
19080317.jpg
Ricoh GRIII

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/03(土) 14:06:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<ヨークの旅 2 (一日目) | ホーム | もう一度ヒマワリ>>

コメント

ツアーで連れて行ってもらうような旅で気分的に楽ちんでしたね。
鉄道でずーっと行けるんでしたね。イギリスは行きたかったのですが、行けずじまいです。
電車のホームが直前までわからないとなると、東京や大阪では大混乱になりそうですね。
  1. 2019/08/08(木) 16:21:26 |
  2. URL |
  3. gyoza100 #fJFbtVoM
  4. [ 編集 ]

gyoza100さん

はい、本当に楽でした。いつもは全て自分責任で大変なんですよ。w
でも長かったですよ。でも、飛行機の12時間のほうがもっと辛いですね。
ホームは一応決まってはいるのですが、寸前まで変更されるんです。ちょっと信じられない話ですよね。w
  1. 2019/08/08(木) 18:10:58 |
  2. URL |
  3. さゆり #l07CIgws
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sayurit.blog96.fc2.com/tb.php/2507-23ca5984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さゆり

Author:さゆり
スイス在住の音楽教師です。
カメラはペンタックス一筋。


フォトHPとTwitterも御覧下さい。
さゆりのフォトアルバム www.sayurit.net
さゆりのTwitter www.twitter.com/sayurijt

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (114)
自然 (565)
スイス (733)
旅 (260)
動物 (160)
猫 (259)
花 (224)
音楽 (43)
フォト (61)
パワースポット (2)
文と絵 (3)
サイクリング (16)
鉄道 (58)
アウトマート (4)
野鳥 (68)

ユーザータグ

スイス ペンタックス 自然 景色   リコー チューリッヒ  K-1 K-5 K-5IIs フジフィルム KP K-1MarkII K-3 31mm X-Pro2 里帰り GRIII FA77mm 東京 K-r  K-3II コレジャナイロボモデル 100mmMacro DFA28-105mm DA200mm 野鳥 18-135mm DFA100mmMacro XF18-55mm 鉄道 DA20-40mm X-E3 85mm 15mm ドイツ 55-300mm 60mm 動物園 X-E1 Q DA55-300mm 17-70mm 20-40mm K-S2 50-135mm K-30 Touit32mm 200mm クリスマス iPhone 135mm 動物  5-15mm 18mm  16-85mm 音楽 35mm XF23mm 10-17mm FA31mm XF60mm アッペンツェル   蚤の市   ギター マクロ XF55-200mm ミュンヘン 43mm 夕焼け コンスタンツ 昆虫 E-P1 祭り フライターグ ボーデン湖  バーゼル ヒマワリ  シュトゥットゥガルト コンサート  サイクリング 電車 8.5mm ベルン ルッツェルン 京都  イギリス FA135mm ヨーク DA50-135mm DA16-85mm 18-50mm  アムステルダム DA18-135mm チベット 浅草 Macro 日光 DA10-17mm X-E3 ウィーン リンダウ  水族館  フィンランド 自転車 ラッパースヴィル ベルリン サボテン 300mm 100mm ミラノ チンチラ カタツムリ XF18mm 32mm Ricoh 谷中 FA85mm Pentax イタリア  ゴンテン 博物館 お会式 トローゲン  02StandardZoom キノコ 音楽学校 XF18-135mm アウトマート DA77mm 太陽  iPad 接写リング K-5IIs ペンギン   植物園 トンボ チューリップ K20D オーストリア 飛行機 ルッツエルン  渋谷 日本 DA43mm 空港 ルマン湖  Bruno 90mm DFA100mm マクロコンバージョンレンズ 彼岸花 M50mmMacro FA100mmMacro モノクロ リギ Zoom  CBLレンズ  DA Standard 市電 45mm 横浜 Zeiss カモメ ツァイス 深大寺 沖縄 池上本門寺 大聖堂 お台場  餃子 文と絵 建国記念日 風鈴 国立博物館 牡丹 フランス  馬頭観音 令和 サンクト・ガレン メーアキャット 落書き やきそば 墓地 目黒 野花  パワースポット K-7 サルガード 選挙 ニューカッスル・アポン・タイン Viaduk 美術館  GRII ヴィアドゥック ルガノ  16-50mm 修道院 GRマクロコンバージョンレンズ  鹿 DFA10-17mm PentaxK-1MarkII 50mmMacro k-30 蝶々 iPod フォト ペンタックスFA135mm 120mmMacro  Minivelo カメラ 植物 バイク 夕暮れ 金魚 DA*200mm FA100mm 東京駅  フジフィルムX-Pro2 リコーGRII XF X-Po2  大原 Zeiss タンポポ K-1MarkII 地震 子供 蜘蛛 花火 紅葉 東照宮 モモ Optio お好み焼き Freitag グラフィット 白鳥 雪結晶 ムラノガラス 自然治療 明治神宮 銀座 フライブルグ ガラス HDR 福井 16-135mm フラッシュモッブ シグマ ヨナ  ライン  愛宕山 ウィンタートゥーア サンクトガレン 黄葉 第三の男 レストラン 

リンク

このブログをリンクに追加する

Pentax K-1

Powered by BlogPeople

Pentax KP

Powered by BlogPeople

Pentax

ペンタ党で行こう

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード