さゆりのフォト日記

スイスに住み始めて、もう40年。仕事の合間に、カメラを持って走り回ります。我が家の猫や自然の美しさが主なテーマですが、スイスの日常生活に関しても時々お話したいと思います。

里帰り 06/11

今日と最終日はUCCカフェで朝食。UCCカフェなんて、懐かしいなあ。この分厚いトーストはヨーロッパにはありません。スイス群も最初は、「なんだこれ?口に入れるとフニャッとしちゃうよ。食べ甲斐ないよ。」と言ってましたが、最終的には結構美味しそうに食べていました。
12041002

金閣寺、こんな状態です。溜息出ちゃう。
12041003

12041009

12041012

12041013

竜安寺の桜は、まだまだでした。
12041015

12041017

12041019

12041020

二条城では障子を張り替えていました。懐かしいなあ!恵比寿の実家でもやりました。すっかり忘れていた昔を思い出しました。
12041031

12041033

二条城の桜、綺麗でした。東京の桜は清らかに美しく、京都の桜は枝垂れ桜なせいか、なんだかとても華やかな、色っぽいというか。不思議ですね。
12041035

12041037

12041045

桜以外にも美しいがありますよね。桜が散るまで待っててね。
12041018

12041011

12041028

帰りの新幹線の中でベルナデットゥはお弁当。
12041049

Pentax K-5 + Pentax DA18-135mm
Pentax Q + Pentax Standard Zoom 5-15mm

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/10(火) 08:24:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

里帰り 05/11

連れ合いのリクエストで今日は比叡山へ。十数年前に、今は亡くなった京都の叔父と叔母に連れて行ってもらった比叡山に大変魅了され、ぜひまた一度行ってみたい、というわけです。

京都駅からバスで比叡山頂上へ。
101

102

比叡山頂上から自然道を延暦寺へ。鶯が鳴いていました。連れ合い、大満足。
103

104

105

106

107

108

昼食はバス停のレストランで。フーベルトはトロロそば。
109

ベルナデットゥはお蕎麦とビール。
110

日本食駄目人間の連れ合いは、サンドイッチも売っていなかったので、アイスクリームとチョコレートで昼食。
111

夜は祇園へ。八坂神社では桜祭が開かれていました。
112

ご苦労様です。
113

114

115

円山公園の枝垂れ桜。綺麗でした。
116

Pentax K-5 + Pentax DA18-135mm
Pentax Q + Pentax Standard Zoom 5-15mm

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/09(月) 09:24:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

里帰り 04/11

今日から三日間京都へ。「いざ、鎌倉!」、じゃなくて、「いざ、京都!」
12040801

ベルナデットゥは新しく購入したPentax K-rで新幹線を撮影。
12040803
男性群は荷物係。
12040805

12040804

三十三間堂の後、銀閣寺へ。銀閣寺へ上がる坂道の人混み凄かった!
12040810

12040818

12040820

京都はどこへ行っても人人人で疲れます。喫茶店で一休み。
12040826

銀閣寺のすぐ近くに「橋本関雪記念館」があります。素晴らしい日本庭園を拝見することが出来ます。まだ高校生だった頃初めて訪問して以来、銀閣寺へ行った際はいつもお邪魔します。観光客の数も少なく、ゆっくり空間を楽しむことが出来ます。
12040828

12040829

12040832

12040845

12040846

12040848

Pentax K-5 + Pentax DA18-135mm
Pentax Q + Standard Zoom 5-15mm

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/08(日) 10:59:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

金閣寺

10月11日
朝早く鹿苑禅寺へ向かいます。私は銀閣寺のほうが好きですが、やはりヨーロッパからの観光客には金閣寺でしょう。早朝だというのに、もう観光客がだいぶいます。25,6年振りですね、金閣寺に来たのは。曇り空だったので、フォトするにはかえって良かったかな。ただ、気になることが一つ。庭の芝の上に立つお地蔵さんにお金を投げることだけは止めさせて欲しい。トレヴィの泉じゃあるまいし、最悪の光景です。様子を見ていると、圧倒的に外国の観光客がお金を投げています。日本人はほとんどしません。当然ですよね。こういう悪習を止めようとしない寺に責任があります。

こちらのセリーを御覧下さい

11101102

さらにバスに乗って竜安寺へ。こちらも私は久しぶり。石庭といえば、私は大徳寺の大仙院へいつも行きました。例の元気な御住職がいらっしゃるお寺です。

11101120

11101121

この後、下賀茂神社へ向かいます。スイス・ドイツ連が神社を訪問している間に、私と娘はすばるさん達のグループの写真展覧会へお邪魔しました。皆さん楽しそうに、しかも真剣に写している姿勢が伝わってきて、感心します。他のフォトグラファーの作品を見ることは大変勉強になります。
ギャラリーのオーナーさんは、なんと偶然なことに、私の亡くなった叔父がやっていたレストランの常連さんでした。嬉しいですね。そのレストランも今は無くなってしまいました。オーナーさんも、「京都はどんどん変わってしまって、寂しいわ。」と、おっしゃっていました。
神社から戻ってきたスイス・ドイツ連とカフェで落ち合い、彼等ともう一度ギャラリーへ。きちんと拝見して勉強しましょう。

銀閣寺も平安神宮の庭も訪問出来ませんでしたが、拝見した所はじっくり時間を掛けたので、まあ、これでいいかな?夕日に輝く新幹線に乗って東京へ戻ります。

Pentax K-5 + Pentax FA85mm
Pentax K-r + Pentax FA31mm

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/07(月) 10:08:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

京都へ

10月10日
朝早く新幹線に乗り京都へ。一泊だけの旅です。日光へも行ったし、東京は広いので、私としては京都までは無理と考えていました。しかし、スイス・ドイツ連はどうしても京都へ行きたがります。仕方ないなあ、急ぎ足の京都です。
久しぶりに新幹線に乗りましたが、窓が小さくなっていますね。飛行機みたい。私は三人掛けの通路側に座っていたので景色はよく見えません。富士山見えるかな?皆に見せてあげたいな。でも、私の座席から小さな窓越しに富士山を見つけるのは不可能。一体、今どこを走っているのかも分らないしまつですから。しばらくボーッと座った後、ふと窓を見ました。うわ、富士山が窓の向こうにばっちり。額縁に入ったようにこちらを見ています。曇り空だったのでシルエットに近い富士山でしたが、早速スイス・ドイツ連に教えてあげました。私はいまだ、富士山が私を呼んでくれたのだと思っています。

こちらのセリーを御覧下さい

京都のホテルはタワーホテルにしました。誰か迷子になったとしても、タワーを探せば馬鹿でもちょんでも一人で帰れると思ったので。失礼!
一日バス券を購入して、早速三十三間堂へ。駅前のバス停も、三十三間堂も凄い人の数。仏様のお顔をゆっくり拝むなんて状態ではありません。

11101005

この後、清水寺へ。足の具合が悪いディーターは、お寺の入り口まで来て、そこで待っている、と言いましたが、ここまで来て清水の舞台を見ないわけにはいきません。説得して、ゆっくりゆっくり、さらに上りました。苦労の甲斐があって、ディーターは大喜び。

11101007

11101011

本当は、この日に銀閣寺まで行きたかったのですが、ディーターの足の状態や、残り時間を思うとどうも無理。それでは、いったんホテルに戻り、元気な人は祇園方向へ行って食事にしましょう、として下山。三十三間堂よりもっと凄い人並みに、ついに迷子が出ました。ドルフが居なくなったのです。どうして、あんな巨体を見失ったのでしょう?「一人でホテルに帰ってるよね。」という声が多かったのですが、マルガが、「ドルフは癲癇持ちよ。」というので、私はギョギョギョ。皆をホテルへ帰らせ、私は再び来た道を戻りました。しかし、ドルフはどこにもいません。ホテルに電話を入れましたが、彼は帰っていません。さらに、しばらくウロウロと探しているとやっと電話が入りました。皆がホテルに戻ったら、ドルフもちょうど一人で戻って来たということです。ああ、良かった!
ホテルに帰った私は、もうグロッキー。祇園どころじゃありません。お役御免で、娘が買ってきてくれたオニギリを食べて、「おやすみなさーい!」

それにしても、京都の観光客の数は凄まじいですね。私は親戚が居たので、中学生高校生時代、よく京都へ遊びに行きました。一人であちらこちら歩き回りましたが、人なんか居なかったなあ。苔寺だって、いつでも訪問できる時代でした。タクシーの運転手さんが、「お嬢さん、一人で歩くの?大丈夫かなあ?」と心配してくれたほど、昼間の京都は人影が少なかったのです。今では信じられない話です。
私もその観光客の一人ですが、昔の京都が懐かしい。

Pentax K-5 + Pentax FA85mm
Pentax K-r + Pentax FA31mm
  1. 2011/11/06(日) 19:44:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

さゆり

Author:さゆり
スイス在住の音楽教師です。
カメラはペンタックス一筋。


フォトHPとTwitterも御覧下さい。
さゆりのフォトアルバム www.sayurit.net
さゆりのTwitter www.twitter.com/sayurijt

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (92)
自然 (338)
スイス (533)
旅 (166)
動物 (105)
猫 (172)
花 (155)
音楽 (39)
フォト (40)
パワースポット (2)
文と絵 (2)
サイクリング (11)
鉄道 (51)
アウトマート (4)

ユーザータグ

スイス ペンタックス 自然 景色  K-5 チューリッヒ K-5IIs  リコー  K-3 31mm 77mm K-1 K-r GR フジフィルム GRII K-3II 100mmMacro コレジャナイロボモデル 18-135mm  X-E2 18-55mm X-Pro2 55mm 85mm 鉄道 15mm 里帰り 55-300mm 60mm X-E1 東京 Q 17-70mm 20-40mm 50-135mm ドイツ 動物園 K-S2 K-30 200mm 135mm 5-15mm 動物 18mm 16-85mm 35mm 音楽 Touit32mm iPhone  10-17mm クリスマス  アッペンツェル XF18-55mm  マクロ  ギター FA77mm 43mm  ミュンヘン E-P1 昆虫 蚤の市 フライターグ ボーデン湖  FA43mm サイクリング 夕焼け 電車  8.5mm  コンスタンツ ベルン コンサート ヒマワリ 祭り  18-50mm アムステルダム バーゼル シュトゥットゥガルト チベット 日光 XF60mm  リンダウ ウィーン  フィンランド ラッパースヴィル 京都 ベルリン チンチラ 水族館 300mm Ricoh 32mm カタツムリ ルッツェルン 100mm 谷中 Macro 02StandardZoom ゴンテン DA200mm   太陽 音楽学校 FA135mm アウトマート CBLレンズ トローゲン 浅草 お会式 自転車 K-5IIs  博物館 ペンギン  チューリップ モノクロ  FA100mmMacro ツァイス K20D 彼岸花  空港 M50mmMacro スワン 深大寺 CBLレンズ E-X2  02 45mm Standard 接写リング リギ マクロコンバージョンレンズ iPad 日本 オーストリア Zeiss  フジフィルムX-E2 FA31mm Zoom 沖縄  XF18mm カモメ 市電 キノコ K-5IIs 90mm 8.3mm 選挙 サンクト・ガレン GII 建国記念日 Viaduk K-7 100mmMAcro スイス50-300mm 落書き  50-135nn 大聖堂  メーアキャット 文と絵 牡丹 ルガノ ヴィアドゥック 0-135mm  X-pro2 ルッツエルン 飛行機 フジフィルムX-Pro2 100mmMicro リコーGRII -1 X-Po2 K- 1  YXF18-55mm 野鳥 FF77mm 墓地   16-50mm GR 77mm 77㎜ 富士フィルム 馬頭観音 目黒 120mmMacro パワースポット Pentax GRマクロコンバージョンレンズ  ニューカッスル・アポン・タイン K-3II お台場 地震 トンボ HDR チョコレート  ヨナ コレジャナモイデル ガラス 福井 16-135mm 子供 植物園 フライブルグ サボテン 第三の男 サンクトガレン 愛宕山  東照宮 紅葉 明治神宮  FA77 花火 ウィンタートゥーア 横浜 ライン 蜘蛛 チター シグマ フラッシュモッブ フォト K=3 グラフィット 60-250mm iPod 20-24mm やきそば 餃子 スイス18mm 55/300mm 鹿 池上本門寺 風鈴 銀座 Freitag お好み焼き Optio ムラノガラス モモ タンポポ スイスQ 5-15 自然治療 Zeiss 31m 白鳥 50mmMacro k-30 雪結晶 20-30mm 

リンク

このブログをリンクに追加する

Pentax K-1

Powered by BlogPeople

Pentax

ペンタ党で行こう

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード